ボルフィリン入りのクリームでふっくらバストへ

毎日塗ってバストアップ!?

バストアップ用のグッズに、バストアップ用の成分を配合したクリームがあります。これを塗ってから乳腺を刺激するマッサージを毎日することで、バストが育ちやすくなると言われています。ジェル状のものも出ていますが、どちらも仕組みは同じです。バストのサイズを決める脂肪の量を増やすために女性ホルモンの分泌を促したり、増えた脂肪を定着させるための成分などが入っているんですよ。確かに何もつけずにマッサージするよりはよさそうですね。

クリームだけの成分とは

バストアップ用クリームにも、イソフラボンの含有量が高いプエラリアエキスが入っていますよね。バストアップサプリと言えばプエラリアですから、バストケアをしている人なら知らない人はいない成分でしょう。その一方で、クリームの方でしか見かけない成分もありますよね。それがボルフィリンです。まだ見つかってから日が浅い成分ですが、女性ホルモンに影響を与えないのでプエラリアよりも副作用が少なく、安全性が高いと言われています。

ボルフィリンって何?

ボルフィリンの主成分は、サルササポゲニンと言います。見慣れない名前ですが、ハナスゲから抽出しているので植物由来の成分なんですよ。主な効果は、脂肪組織を増やすこととその蓄積です。脂肪が増えると聞くと太ってしまうのでは?と心配になるかもしれません。しかし、ボルフィリンは塗った部分にだけ作用します。脂肪を蓄積して定着させるので、一回大きくなったバストはクリームを塗らなくなっても持続しやすいのもメリットですね。

胸を大きくしたい方におすすめしたいのは大豆製品です。女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンが含まれているためです。温めて食べると冷え性の改善につながりますので、湯豆腐や豆乳入りのシチューが最適です。