特に気になる目元のシワを重点的にケアしよう!

いつの間にかできている気になる小じわ

冬になると本格的に空気が乾燥してきます。目元をこすったりメイク落としの時に強くゴシゴシするといつの間にか小じわが発生してしまいます。小じわができてしまうとファンデーションを塗った時にしわにファンデーションが入ってしまってよりくっきりと目元の小じわが目立ってしまいます。そうなってしまうと実年齢より老けた印象を与えてしまいます。小じわの場合はいつの間にかできていることが多いため、気づいた頃には深いしわになってしまってる場合があるので気をつけなくてはなりません。

乾燥の冬だからこそ集中してケアをする

目元で小さな小じわを発見してしまった場合に、ほったらかしにするのは良くないです。乾燥のシーズンには特に目元の集中ケアをすると良いでしょう。お化粧落とす際にも優しくマッサージをするように目元を洗うと良いでしょう。さらにお風呂から出た後はもともと体の内側にある水分まで湯気となって一緒に出て行ってしまいより乾燥が悪化してしまうので、お風呂から出て化粧を落としたすぐに化粧水をたっぷりと目元につけます。それから美容液や保湿液を染み込ませて潤いを逃さないようにしましょう。

より水分を染み込ませる方法

目元の小じわを緩和するために集中ケアとして化粧水や美容液を塗る方法がありますが、より水分を肌に浸透させる方法があります。それは化粧水をして美容液を塗って蓋をした後に再度化粧水を塗ることで、目元がもっちりとした潤った肌になります。これを行うことによって翌日小じわがなくなっているので毎日続けることで目元のしわを改善させることができるでしょう。また化粧水や美容液をする際にも強く叩き入れるのではなくて優しく表面を撫でるようにつけることが大切です。

しわの状態を継続的に観察することで、有意義な治療法を選択できることがあるため、早期にスキンケアに対する意欲を高めることが重要です。