目の形に合った施術をすることが成功させるコツです!

埋没法が向いている人とは?

埋没法とは、メスを使わずに二重にする施術のことです。プチ整形のため、気軽にやる人が多いです。埋没法は、まぶたの皮膚が薄い人や、二重の幅を大きく取りたくない人に向いている施術方法となっています。まぶたが腫れぼったいと留めていた糸が取れたり、まぶたが内側に折りたたまれず、二重にならないことがあります。また、半永久的に二重を維持したい人には向いていません。そのため、二重にしてみたいけどメスはいれたくないと考えている人などに向いています。

全切開が向いている人とは?

全切開が向いている人は、まぶたの脂肪が多い人です。そしてメスを使って二重にするため、幅を自由に決めることが出来ます。しかし、やりすぎてしまうと不自然な仕上がりになってしまうため注意が必要です。またダウンタイムが長いため、施術を受けるタイミングを考えなくてはいけません。したがって、埋没法では二重を手に入れなかったり、しっかりと二重を作りたかったり、二重を持続したい人に向いている施術方法となっています。

目頭・目尻切開が向いている人とは?

目頭切開は、目が離れている人に向いている施術です。目が寄っている人が目頭切開をしてしまうと、余計目が寄って見えてしまうため注意が必要です。目尻切開は、キリっとした目元にしたい人に向いています。たれ目などの可愛い目元にしたい人には向いていない施術方法です。どちらの施術方法も切れ込みを入れ過ぎてしまうと、不自然な印象になってしまいます。目頭・目尻切開は、目の横幅を大きくしたい人や、離れ目を解消したい人、切れ長な目を手に入れたい人などに向いています。

現代の日本では容姿のコンプレックスを、医療の力でリセットしていくことが可能です。美容系医療である、美容整形の技術であれば、容姿を美しくすることは可能であり、長年のコンプレックスも消えさります。